住宅の建築費用ってどのくらいかかるの?

住宅の建築費用ってどのくらいかかるの?



夢のマイホームを購入したい!!でも実際、どれくらいかかるの?そんな疑問を持ったことはありませんか。



住宅建築をおこなうためにはどんな費用が発生するのか少し見てみましょう。



まず、「建築費」と呼ばれるものです。



建築費でも2つあり、「本体工事費」と「付帯工事費」と呼ばれるものがあります。



「本体工事費」は建物の基礎や柱、屋根、キッチンやトイレなどの設備にかかる費用を指し、「付帯工事費」は給排水工事や基礎補強、解体にかかる費用を指します。



一般的には坪単価であらわされ、坪単価30~60万くらいでしょうか。



次に「土地購入費」です。



夢のマイホームにはまず土地を探す必要がありますが、一番費用がかかるのは土地購入費かもしれません。



他にも、住宅建築をおこなっている間の仮住まい家賃や、出来上がってからの家具や照明等の購入費、さらにローン申し込みや保証料といったものや各種保険加入費用までかかります。



夢のマイホーム購入は憧れでもありますが、費用の問題で、夢のまた夢になってしまうことが多いようです。



数社のローン会社にキャッシングしていること






いくつもの金融機関に借金があることを多重債務者といいますがこの多重債務者の状態はおまとめ一本化を活用すると大きな価値があります。消費者ローンを借りる場合、所得証明が必要ない50万円までの金額で借り入れする方が多いと思います。キャッシングの返済不履行や自己破産などでブラックリストに載ると数年間は新たなキャッシングができなくなります。キャッシングを借り入れしていて、いつまでに完済できるか、いくらの利息で総額いくら返済するのかをちゃんと記憶している人はそう多くはありません。カードローンの年率は利用限度額によって上下しますので百万円ほどであれば年13%程度も長期返済する必要がでてきます。カードローンの申し込みには、在籍確認書類や源泉徴収票などが必要ですので、前もっと用意しておきましょう。はやく申し込みができます。
銀行カードローンとは?





私の車を中古車買取専門店舗にて下取り査定依頼をした体験






私は、長年乗っていた車を中古車買取店舗にて下取り査定をしてもらいました。はじめは、ディーラーにて下取り査定をして頂きましたが、思っていたよりも査定額が低かった為、中古車買取専門店舗へ下取り査定を依頼しました。インターネットの中古車情報サイトにて同じ年式と車種の平均買取相場をチェックし、価格交渉もした所、ディーラー店舗よりも高く買取して頂く事が出来ました。価格交渉をする上で平均の買取相場を知っておく事は、とても重要だと感じました。一般的に中古車は、走行距離やボディーの傷、修理履歴といった条件が査定額に大きく影響します。少しでも高く買取して頂く為に日頃から車を良い状態に維持しておく事が大切だと実感しました。
廃車手続きにかかる費用





消費者金融を借りる場合






消費者ローンを借り入れするときは審査が通りやすい10万円くらいから借りる人が多いと思います。
低金利カードローン、キャッシングに乗り換える
借り入れの返済の遅延や債務整理でブラックリストにのるとおよそ5年程度は新たなキャッシングができなくなります。基本的には貸金業者の利用は総量規制がありますので年収の3分の1に決められています。ただし銀行ローンは貸金業法の規制を受けないのでキャッシングができます。消費者金融のカードローンの契約では郵便で書類が届きますがウェブ明細などで郵送なしで利用できるところもあります。ローンを使っていて、いつまでに完済できるか、いくらの利息で総額いくら返済するのかをかっちりと記憶しているひとはあまり多くはないでしょう。借り換えする場合、総量規制が適用される、消費者キャッシングでも例外規定があるので借り入れが大丈夫な場合があります。

前の記事